豊かな智慧と楽しさで幸せに生きる。

カフェやお金のことなど、いろんなことをお伝えしつつ、幸せに楽しく、そして自分のライフスタイルを確立して生きるためのコツやヒントをお伝えします。また、楽しく洋々と毎日が過ごせる心理学をお伝えします^^夢を叶えるカウンセラーうえっちのカフェとお金と心理学

【スポンサーリンク】

挫折前に知りたいブログを書く5つのコツ

ブログを書き始めていつの間にか
続かなくなったということはありませんか?

私は、アドセンスアフィリエイトを始めて
ブログを書かなくなったことが
何回もありました。


それ以前にもブログをやっていて
何回も挫折しました。

そのたびに、なんでかけないのか…
と自分を責めておりました。

書かなくなるんじゃない。
書けなくなるんですよね。。

この感覚…。

ブログを書こうと思ったら、
なかなか書くことないよー。
なにを書けばいいのか?
と途方に暮れてしまいがちです。

今回は挫折前に知りたかった
ブログを書き続けるコツをお伝えします。


①好きなこと、興味を持っていることで書く
②65点を合格点とする
③短めに書く(300~500文字から)
④書く記事数を決める
⑤とりあえず3つ!とりあえず10分



①好きなこと、興味を持っていることで書く
 
ブログを書き続ける上で、
大事なのは自分の興味や関心とあっているか
です。

自分の好きなことや興味を持っていることで
書くようにしましょう。

好きじゃないことだとなかなか書く内容が
わからなくなります。

好きなことはわからないなぁ?という人は
これからどんなことを知りたいか?
どんなことを学びたいか?
という問いを考えてみましょう。

自分が学びたい、知りたいテーマだと
どんどん深めることができるので、
書きやすいです。



②65点を合格点とする
なかなかかけないなー!という人は、
私も含めて完璧主義であることが多いです。

こんな文章だったら誰も読まないよ…。
なかなかうまく書けない…

だからアップするのをやめておこう
と、なってしまいがちです。

まず、記事はほとんどの人が見ていません…。
見たとしても、ほとんど覚えていないことが多いです。

3日たったら忘れていることがほとんどです。

あなたは、
3日前に読んだ記事や雑誌の内容を覚えていますか?

よっぽどのことがなければ忘れているはずです。。

忘れるものなので、
あまり気にせず、あまり深く考えずに、
65点ぐらいを合格点にしましょう。

ブログのいいところは、
あとから修正ができるところです。

65点の内容をアップしたとしても
あとからどんどん修正ができます。

65点でUPして、あとから100点を目指しましょう。

まずは書いてみる。
それが行動しやすくなる秘訣です。

③短めに書く(300~500文字から)
最初は短めに書きましょう。
300~500文字。
短めに書いてみましょう。
500文字というと、この記事の①までです。

まずは書き続けるということの方が
大事なので、あまり長くなりすぎないようにして
気軽にやってみましょう。

④書く記事数を決める
どれぐらいの記事を書くかを
決めておきましょう。

ブログを書く業界(どんな業界だろう??)では
おおよそ30記事と100記事が一つの基準です。

100記事書いていくと
アクセス数が増えたり、
アフィリエイトで成約があったり、
ファンができたり、何かしらの結果が起きてきます。

早い人では30記事で変化が出る人もあるようです。

なかなか反応がないと、続けることが難しいですが、
まずは記事を30記事、100記事書くと
決めてみると楽ですね。

結果が出てくれば楽しくなりますが、
なかなか結果が出ないなと感じてたら、
一つの目安として考えてみてくださいね。

⑤とりあえず3つ!とりあえず10分

書くことがないなぁと思ったら
自分が疑問に思っていることや
最近知ったコツを書くのが書きやすいです。

その時は、とりあえず3つ!と
決めてしまいましょう。

3つって何か?

たとえば、
「ブログを書くための3つのコツ」
アフィリエイトで稼ぐための3つのポイント」
「ブログアクセス数を増やす3つのコツ」
など
 
3つ!と最初に書いちゃいます。

すると、3つ、何とか考えざるを得ないです。

3つといわれると
なんとか脳はそれを探し出そうとします。
「赤いリンゴを思い浮かべないでください」
と言われて、

赤いリンゴを思いうかべてしまうように、
脳は聞かれたことを
必ず思いうかべてしまいます。

そんな脳の仕組みを逆手にとって、
「とりあえず3つ!」
と決めてみてみましょう。
すると何か書くことが出てくるはずです。
そして、10分。

書くことが思いつかなかったとしても
10分間は書くために、
パソコンやスマホで時間を確保しましょう。

書き始めると書けるものです。
書けなくても書くための時間として確保しましょう。
小説家の村上春樹さんも
書く時間を朝と決めていたりするそうです。

調子が悪くても書く時間を確保する。
書けなさそうでも書く時間を確保する。

まずは意識してやってみましょう。
以上5つのポイントを挙げてみました。
なかなか挫折してしまいがちなブログですが
楽しく書いていきましょう。
 

【スポンサーリンク】